09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

1/144 MSN-04Ⅱ "ナイチンゲール" vol.2 

前回、予告にてお伝えした、ナイチン画像救出作戦が終了しました。

結局、すべてのデータを救出することはかないませんでしたが、半分ぐらい何とかなりました。 (データ救出ありがとう!友人S藤!!)

そんなわけで、今回はナイチンゲールの別画像を紹介させていただこうと思います。が、救出できた画像がほとんど「光が当たりメタリックがつぶれてしまった画像」でして・・・これまた違った意味で、見えづらい画像が多いと思いますが、ご容赦ください。



では、


    1/144 MSN-04Ⅱ "ナイチンゲール" vol.2

001.jpg
完全につぶれてただのつや消し赤に・・・おまけに斑がでてしまってますね。

一応、同じようなアングルの光を絞った画像(前回掲載済み)
nc03_20120413203510.jpg
この後紹介させて頂くのは、はすべてつぶれてしまった画像になりますので、できればこちらの画像の赤に脳内変換して御覧頂けると助かります。



話がずれましたね。つづきを、
002.jpg
これまた、前回紹介したのと同じようなアングルですが、バインダーの中なんかが見えるので・・・
う~ん、それにしても、赤だけじゃなくてフレームや外装の黒いところまでつや消しメタリックの弊害が・・・なんだかホコリかぶったみたい、しくしく。


ここからアップ画像を少々
004.jpg

005.jpg

006.jpg
こんな感じで、一応色々作りこんでいたんですよ・・・前回の画像だとあんまり見えませんでしたけどね。(笑)


つづいて、サイズ比較。
知人がパチ組みした、1/144Hi-νガンダムと並べてみました。
007.jpg

008.jpg
やっぱり大きい・・・とても、同スケールとは思えない。(Hi-νも結構大きい機体のはずなんだけどなぁ)
  ・・・正直、1/100スケールといっても通ったかも(笑)





さて、ここからは「ファンネル射出状態」を紹介。
009.jpg

012.jpg
肩バインダーから1mmの透明プラ棒を伸ばして、射出状態を表現しました。

010.jpg
同じく、斜め後ろから。

011.jpg
アップにて



んで、ここからさらに「隠し腕」登場!
013.jpg
全部展開すると、ますますハデなお姿に・・・。

014.jpg
隠し腕も、一応可動します。

また、
015.jpg
016.jpg
このように、差し替え無しで出し入れ可能です。


これにて、終了になります。お楽しみいただけたでしょうか?(アップして気づいたんですが、サムネイルが大きすぎて右端がきれてますね。すいません。クリックしていただければちゃんとした大きい画像が見れますので、お手数ですが気になる画像があったらそちらを御覧ください。)

うっかり他の画像データが復活したら・・・もう少し掲載したいなぁ~なんて思いますが、無理でしょうね。



そんなわけで、今回はここまで。

さて、次回はまた「ハイゴッグSD化計画」の続きをお送りする予定です。

                     ではでは。
スポンサーサイト

[edit]

MSN-04Ⅱ ナイチンゲール 

 まだまだ寒い日が続く中、皆さんはいかが模型ライフをお過ごしでしょうか?先日、あまりの寒さに大出血サービスをしかけたので、エアコンと加湿器に頼りまくっている雷後です。(いや~文明の利器ってスバラシイ!)
 そんなわけで最近、次回のオラザクに向け製作をはじめました。過去作の紹介が終わり次第、製作日記をアップする予定です。        シャッチョサンミテネェ~!


 それでは、本日のお料理はこちら!
 


   ホビージャパン2011年1月号掲載 「第13回オラザク選手権」出展
             「ガンプラ部門」 銀賞
 1/144 MSN-04Ⅱ "ナイチンゲール"
nc01.jpg
 掲載時のコメント 「資料が少なく、オラ的なデザイン、解釈を入れつつ製作を進めた結果、設定より一回り大きくなってしまいました。」 
 今作も前作と同じく銀賞をいただきました。しかも、まったく同じ93ポイント・・・ぐぬぬ、まったく進歩してない・・・でも、入賞するとやっぱりうれしいですね。



nc02.jpg
正面少し上から・ほぼ全身スクラッチです。そのためほとんどのパーツがエポパテかレジン製なのでとにかく重い。左右に広がる肩バインダーが特に鬼門で、可動を確保しつつ強度を持たせるのに苦労しました。



nc03.jpg
左斜め上から・シールドはHGUCサザビーのものを一回り大きく改造して使用しています。



nc05.jpg
斜め下からあおりで・暗くて見えづらいですがとにかく多いバーニア軍団。ほとんどが、コトブキヤのバーニアパーツを組み合わせて使用しています。(さすがにこの数、自作するには無理があり途中で断念・無念!)


nc06.jpg
後ろから・お尻のカブトガニみたいなバインダーは、バルサで型を作りプラ板をバキュームフォーム、エポパテで形を整えました。そのため、見た目ほど重くない作りになっています。



nc07.jpg
右斜め後ろから・これまた暗くてバインダーの中が見えづらくて申し訳ありません。これには、理由がありまして・・・ちょっと面白くしようと、基本塗装(赤の部分)をメタリックのつや消しにして、CGのボックスアート調にしようとたくらみました。結果、かなりいい色が出て面白く仕上がったのですが・・・メタリックのつや消しって光を当てて撮影すると色が潰れてしまうんですね!写真を見てビックリ!!ぜんぜん違うただのくすんだ赤になってしまい大慌て!!!いろいろ試した結果、光を絞って撮影するとそれっぽく写ることがわかりそれでいくことに・・・、そのため暗い写真ばかりになっています。(写真選考のコンテストなのに・・・しくしく。ほんとに塗装、そして写真撮影って難しいですね。)



nc08.jpg
右斜め上から・ビームライフルはオリジナルデザインです。ほとんどプラ板で製作しました。



nc09.jpg
真上から・ファンネルは1/550α・アジールのファンネルを改造して使用しています。すべて、取り外しが可能で、1mmの透明プラ棒を使い射出状態にすることも出来ます。
 それにしても、設定よりずいぶん大きく作ってしまった事を実感する一枚だ・・・。


nc10.jpg
特にお気に入りの一枚。コンテスト応募用ファイルの表紙に使用しました。

nc11.jpg
反対から同じアングルで撮影。う~ん、こっちのほうがよかったかなぁ。



ここらでアップ画像を
nc12.jpg
それにしても・・・ホント暗くてすいません。

けど・・・

明るくすると・・こうなる・・・
nc13.jpg
潰れてしまってただの赤に・・・

さておき、胸やシールドのデカールは自作です。パソコンで結構簡単に作れるあたり、ほんと便利な時代になった。


 今回の画像はここまで。本当は違うポーズや、ファンネルを射出している写真なんかもたくさんあったんですが・・・データの入ったメモリーが壊れてしまい、何とか残っているものを紹介させていただきました。


んで、ここからは使用キットや塗装の解説・・・では

使用キット 1/144HGUCサザビー・・・シールド、腕
      1/550αアジール・・・ファンネル
      1/100MGザクⅡVer2.0・・・手首
使用パーツ コトブキヤMSGシリーズ・・・バーニア各種
使用材料  エポキシパテ・・・ほぼ全身
      プラ材各種・・・コレもほぼ全身と台座
      アドラーズネストパーツ・・・全身の金属鋲パーツ
      シリコーンゴム&レジンキャスト
           ・・・肩バインダー、腕、足首等々
デカール  各メーカーの水転写タイプデカール・・・全身のマーキング各種
      インクジェットプリンター用自作デカール製作キット
                 ・・・胸、シールド等のマーキング各種
塗装    全身つや消しメタリック塗装(実は、フレーム他、黒灰系もすべて)
      で、CGっぽく仕上げた(結果写真写りが非常に悪い・・・ぐぬぬ)


 今作は、本当に時間と手間のかかった作品でした。色々な意見があると思いますが、大きければ大きいほど大変だなぁ~と、改めて感じたしだいです。(お金もかかるしねぇ~。結局、今作と前作の余りの賞金も丸々パァになるぐらいかかった。)



そんなわけで、今回はここまで・・・・次回は
RB-79[G]"陸戦型ボール"
を、お送りいたします。
                      ではでは
    

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。