02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

ハイゴッグSD化計画vol.7 

 ど~もこんばんは、雷後でございます。だいぶ暖かく春らしくなってまいりました。寒いのがトコトン苦手なだけに、(手が冷え性なんで)ありがたいありがたい。

 さて、前回の予告どおり、肩パーツから進めていきました。が、すみません。あんまり進みませんでした。
 
 一応、言い訳をさせていただくと、実際に作業をして、パーツを形にしていく時間よりも、デザインやディティールをどうするか、どう入れていくのか?を考える時間のほうが時間が掛かってしまうことが結構あるもので・・・もちろん、人によるとは思いますが、私はそういうタイプでして・・・

 そんなわけで、今回の肩パーツですが、見た目にはほとんど進んでいませんが、考えるのに時間が掛かったと理解していただけるとうれしいです。なにせ、複製が前提なので、ここで結構ディティールを決めなければいけない重要パーツ!手は抜けません。


 ということで、画像その1
DSC01217.jpg
 まず鉛筆で下書きからはじめます。あーでもないこーでもないと考えた結果、前に製作したナイチンゲールで採用したデザインを、ちょっと取り入れてみました。(形が似てるしね・笑)
 そして、切り出すラインを、おなじみのペン入れ。今までの適当なラインではなく、ここでははっきりと決まったラインを正確に引いていきます。
 
 その2
DSC01218.jpg
 正面?からだとこんな感じです。今回切り出すライン以外は、どのみち消えてしまうので、この時点では鉛筆のままです。


 その3
DSC01223.jpg
 上から

 その4
DSC01222.jpg
 横から
 カッターやタガネを使用して、深~くスジ彫りを彫る要領でライン通りに切り出してみました。

 で、

 その5
DSC01221.jpg
 こんな感じで付け直して、稼動しそうな見た目にしていきます。本当に可動させられるといいんですが、裏側に仕込むディティールの都合でそれは難しそうなので・・・まだまだ腕が足りません。


 今回はここまでになります。次回には、だいぶ形になった肩パーツを紹介できる・・・はず。


                            ではでは。
スポンサーサイト

[edit]

ハイゴッグSD化計画vol.6 

 ど~も、こんばんは雷後です。
 
 前回紹介させていただいた、n兄さんのプルプル日記 に、当ブログのリンク&紹介記事が掲載されました。(n兄さん、まことにありがとうございます。)おかげさまで、来客数もかなり増加しました。さすが、人気ブログ!影響力がハンパありません。

 そんなわけで、

 今まで御覧の方はもちろん、わざわざプルプル日記より御足労頂いた皆様、あらためて、ありがとうございます。これからも、ご来店される皆様が少しでも楽しんでいただけるよう、努力したいと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。



 では、製作日記に参りたいと思います。
 
 今週はまず、肩と腕と胴体をつなぐパーツを製作しました。
DSC01183.jpg
DSC01184.jpg
 一応説明すると、丸く切り出した1mmプラ板に、ポリキャップをアルテコで無理やり固定した後、それを覆うようにポリパテを盛り付け、半球体になるように削りだしたものなんですが・・・なんだか、よくわからないですよね。

 腕に装着すると・・・
DSC01185.jpg
 こんな感じになります。


 続いて、胴体の方に、このパーツが合うように加工していきます。
 
 まず、胴体両脇に、このパーツより一回り大きい穴を掘ります。そこにポリパテをつめて、離型処理をした、このパーツを押し付けて位置決め、固まってから取り外し、形をならすと・・・
 こうなりました。
DSC01187.jpg

 今回製作したパーツをはめると・・・
DSC01190.jpg
 こんな感じになります。



 さて、

 これで、全体のパーツが一通りそろったので(かなり大まかですが)ちょっと仮組みをして、バランスを見てみましょう。

DSC01194.jpg

DSC01201.jpg

DSC01202.jpg
 
 ・・・なんだろう?そんなにおかしくはないんだけど、違和感が・・・


 パチ組みのキットと比較
001_20120324000242.jpg

 元のキットと並べてみると、だいぶ寸詰まってきてはいる。が、なんだかバランスが少しおかしい。それに、コンセプトのカッコカワイイ度がたりない。

 そんなわけで、今後のポイントは・・・

①型パーツがなだらかすぎる。もう少しHGUCよりな形に変更。
②胴体がまだすこし横に広い。さらに幅詰めして丸っこくする。
③みぞおちが長い。ここを上下につめると同時に胴体下部を少し削る。
④足が長い、特に足首!何とか短くして、地面とキットとの一体感をだす。

               と、まぁこんなところでしょうか。

 

 さて、ある程度形になってきましたが、ここからが本番です。全体のバランスを調整しつつ、各パーツにディティールを色々と入れていかなければ・・・せっかくコンテストに出す予定なんだから、中途半端はいけませんよね~!
 
 気合を入れていってみよう!、、 来月になったら・・・すいません、ホント。3月末、決算期っていそがしいのですよょょょ。何とか少しづつでも進めていきたいところですが、どうなることやら。

 
 とりあえず、まず肩パーツ。複製が前提なので、ディティールもこの段階でそれなりに入れないといけないですし、両肩そろわないと、やっぱり全体のバランスが見えづらいので、ここを早めに形にしておくと、この後の作業がやりやすくなると思います。
 それだけに重要なパーツになりそうなので(ここで入れたディティールが全体に影響を及ぼすこと請け合い)じっくりと攻めていく予定です。

 ということで、今回はここまで。
                  

                       ではでは。

[edit]

n兄さんのプルプル日記 

 ど~もこんばんは、雷後です。今回は、製作日記ではなく、ちょっとした近況報告をさせていただこうと思います。

 先日、MGギャラリーにナイチンゲールを投稿したところ、前々から何度かお会いして、お話をさせていただいていた、プロモデラーのn兄さんことn.bloodさんにコメントをいただきました。(気づいていただけたことに感激!まことにありがとうございます。)
 
 本日、そのn兄さんと、久しぶりにお会いして、直接お話しさせていただく機会があり、その際、当ブログにn兄さんのブログのリンクを張らせていただく許可を頂きした。

 第一線で活躍されているプロの方だけに、その技量はハンパなく、その作品はまさに芸術品といえる完成度!それだけでなく、ブログで初心者から上級者まで、楽しく、ためになる製作講座を掲載していたりと、マルチな活動をなさっています。



n.bloodさん作 デビルガンダム
IMG_1752.jpg
 記憶に新しい方もいるでしょう。そう、モデラーズサミット2でグランプリを受賞した作品です。

ほかにも・・・


同 ガンダムMk-Ⅱ/アゲハ
ZAGH-001.jpg
 等々、マジで同じ人類が作ったとは思えない(笑)スーパーな作品の数々が掲載されています。

 当ブログから訪れる方はあんまりいないとは思いますが、もし一度も訪れたことがない方いたら、リンクが張ってあるので、そちらからぜひ行ってみてください。超絶技巧な完成品画像の数々に感動すること請け合いです!!


                            ではでは。

[edit]

ハイゴッグSD化計画vol.5 

 前回少し触れましたが、先日MGギャラリーにまた投稿してきました。今回は「ナイチンゲール」!
 
 もともと人気のある機体なので、気に入ってくれた方が多かったらしく、カウンターがずいぶん回りました。いや~ありがたい。

 普段御覧の方はもちろん、MGギャラリーよりわざわざいらした方、まことにありがとうございます。


 

 さて、それでは、改造計画のつづきを・・・

 今週は色々と忙しくてあんまり作業が進みませんでしたが、一応進んだところまで紹介しようと思います。
 
 前回の予告の通り、肩パーツに取り掛かりました。で、そのパーツなんですが、HGUCのキットのままだともちろん大きすぎます。それだけでなく、らくだのゴブかっ!てぐらい波打ってます。もちろん、キットそのままならとってもカッコイイんですが、SDとなると話は別です。
 そんなわけで、何かいいのはないものかと、押入れのジャンクパーツの山をあさっていると、なんと旧キットの腕を発見!やった、肩パーツもついてる!!早速はずして比べてみると・・・今度は小さい、そして起伏がなさ過ぎる・・・・。う~んどうしようか?
 考えた結果、とりあえず私のイメージに近かった、旧キットの肩を大型化する方向で進めることにしました。

んで、進めてみたのがこちら。
DSC01210_20120316213320.jpg
 側面:プラ板を適当に張り込んでそれをガイドに、アルテコを盛り付けて削り込んでみました。

DSC01212.jpg
 上面:鉛筆やらペンで色々書き込んでありますが、複製するのが前提のパーツなので、複製しやすい形、ディティールを考えながら進めたためです。私的にやりやすいもので・・・・。

DSC01213.jpg
 裏面:プラ板を張り込んでひとまず平らに。ここに、ディティールの入った内部パーツを仕込んでいく形になる予定です。この辺も複製のための別パーツ化を前提に考えこのような形にしています。

 
 あんまり進んでいませんが、今回はここまで。次回は肩パーツの続きで、肩と腕と胴体をつなぐパーツを進めていく予定です。
 これで、一通りパーツがそろうので、仮組みをしてスタイルの確認をしようと思います。

  
                           ではでは。

[edit]

ハイゴッグSD化計画vol.4 

 ど~も、雷後です。MGギャラリーにはじめて投稿してもうそろそろ一ヶ月、おかげさまで、来店数もだいぶ増えました。
 そんなわけで、また過去に作った作品を投稿してみようと思います。近日中に投稿しようと思いますので、よかったらみてネ!

 
 で、ハイゴッグの続きです。今回は「腕」パーツ。ポイントは・・・

 ①蛇腹部分の各パーツを幅詰め。ハイゴッグのチャームポイントなのでバランスよく、短くなり過ぎないように注意する。
 ②手の甲?を幅詰めと同時にもう少し丸みを持たせる。
 ③爪を短く太くする。足首と同じタイミングで全体のバランスを見てから調整。

 
 今回は①と②を進めていきます。

 では・・・

DSC01174.jpg
 とりあえず、いつもの簡単なペン入れから。
 大幅に詰められそうなのは手の甲?の部分。蛇腹の部分は様子を見ながら少しずつ詰めていきます。


 まずは蛇腹部分の加工を進めていきました。
DSC01178.jpg
 それぞれ、右側が元のパーツ(右腕)左側が幅詰めしたパーツ(左腕)。
 加工自体は難しいものではなく、青いパーツは、ニッパーで大まかに切った後に、ヤスリがけをしただけ。灰色のパーツは中央部分を切り詰めて、同じくヤスリがけした後、接着しました。



 続いて、手の甲パーツ。ここは、足のすねパーツと同じように加工を進めていきます。
 まず、ペンで塗りつぶした部分をニッパーで大まかに切り落とした後、切断面をヤスリがけ。断面が平らになったら、そこに丸く切ったプラ板のスペーサーをかまして、(ここで、両方のパーツのバランスを見ながら微調整)接着し、段差になった部分に、アルテコを盛り付け、両パーツのラインが合うように削っていく・・・

と、こうなりました。
DSC01180.jpg
 上が元のパーツ(右手)下が加工後(左手)。


 さて、各パーツを組み立ててみると・・・
DSC01175.jpg
 こんな感じに。

 
 いまいちわかりづらいので、未加工の右腕と並べてみました。
DSC01176.jpg
 結構短くなったと思うんですが、どうでしょう?
 とりあえず、問題なさそうなので、右腕も同じように加工を進めて行くことにしました。

 
 
 この段階で、腕の加工は一度止めておきます。
 
 手の甲がもう少し丸っこいほうがいいかな~とか、やっぱ爪が少し鋭過ぎるとか、いくつか気になる点もありますが、その辺は、全体のバランスを見てから調整していこうと思います。

 
 そんなわけで、今日はここまで。次回は「肩」パーツを製作予定です。
 
                          ではでは。

[edit]

ハイゴッグSD化計画vol.3 

 どうも、雷後です。
 引き続きハイゴッグの改造でございます。
 今回は「足」パーツ。それでは行ってみましょう。

 
 まずは、足の大部分を占めるすねパーツに、おなじみのペン入れから・・・

DSC01160.jpg
正面
DSC01161.jpg
側面

 
 こんな感じで結構適当に入れていきます。(とりあえずあたりをつける感じで)
 
 んで、
     ①ニッパーでバチバチと黒い部分を、ひたすら切り落とす。
     ②切った断面を鉄ヤスリで平らにならしていく。
     ③上下に分かれたパーツを再接合するためのスペーサー(プラ板)をかます。
     ④各パーツを瞬着の点付けで仮止めしてバランスをチェック。

④の段階でこんな感じ
DSC01162.jpg
正面・かなり短くなったと思う。上のパーツをもう少し左にしたほうがよさそう。

DSC01163.jpg
側面・とりあえず問題なし。足首から下が少し高いので、後々バランスを見ながらもう少し薄くしていこうと思います。


 ここまできたら、一度反対側の足(右足)を、改造後の足(左足)にあわせながら同じように加工していきます。


ここから、
     ①上下パーツとスペーサーを位置決めして接着。
     ②パーツをエポパテとアルテコで裏打ちする。
     ③段差がたくさんあるので、そこにアルテコを盛り付ける。
     ④上下パーツのラインが合うように削り込んでいく。

で、さらに
     ⑤このすねパーツに合わせて太もも、ひざも詰めていく。
     (元のパーツをあまり変えずに、可動を結構犠牲にしています。)


と、こうなりました。
DSC01164.jpg
正面・かなり短くなりました。が、やっぱり足首から下が気になる長さ・・・やはり、ここの改造が今後の大きな課題のひとつになりそうです。

DSC01165.jpg
側面・とりあえず、マスキングテープで仮止め中。すねがなんだか、おにぎりみたいな形になりました。

DSC01166.jpg
バラすとこうなります。
 上記にもありますが、可動を結構犠牲にしました。というか、可動を仕込んでも各パーツを短くしたため、パーツ同士の干渉が大きくあまり動かせませんでした。(最初にボールジョイントを仕込んでみたが失敗)
 パーツを全体的に小さくすれば何とか可動を確保出来そうでしたが、そうすると今度は、著しくカッコ悪くなってしまったので、この方向で進めることにしました。(失敗したパーツの山が出来ました。いや~やっぱりキット2個買っといてよかった。)


さて、せっかくなので、前回製作した腰パーツにパイルダーオ~ン!
DSC01224.jpg
 どうでしょう?結構カワイくなったと思いませんか?なんだか、カエルみたいですけどネ!方向性は間違っていないハズ・・・たぶん。


そんなわけで、今回はここまで。次回は「腕」パーツの改造予定です。

                         ではでは。
  
    

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。