05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

ハイゴッグSD化計画vol.13 

 前回に引き続き、上半身パーツのディテUPです。

 今回は、肩バインダーを(特に裏側)を進めてみました。

 まずは、内部に設置するバーニアとダクトから。
IMG_0040.jpg
 市販のパーツとプラ材を組み合わせて製作しました。
 んで、

IMG_0041.jpg
 「片面取り」にて複製。
 数をそろえたところで、このたらこクチビルみたいなバーニアを方のラインに合わせて、曲げていきます。
 
 一応、曲げ方を紹介させていただくと・・・

①お湯につけて暖め(結構熱湯)やわらかくする。熱いお湯を使用するので火傷に注意しましょう。
②曲げたいラインのパーツか、それと同じラインの硬い物に押し付けます。(今回私は、お茶の缶を使用しました。)
③押さえつけ、さめて硬くなったら完成です。

 と、出来たパーツがこちら。
IMG_0042.jpg
 ついでに少し裏側にパーツを追加してみました。 

 これで、大体のパーツがそろったので、設置していきます。
 あわせて、色々とディテアップしていくと・・・
IMG_0044.jpg
 こんな感じになりました。
 
 曲げた、たらこバーニアのラインがうまいことあってくれました。(イヤ~よかった)
 ついでに中央部分に、元々あったディテがどうも気に入らなくなってしまったので、削り落とした後、先ほど複製したダクトを取り付け、さらに、電気コードとアルミパイプでデコレートしてみました。
 先端のバーニアは、前回紹介させていただいた背面のバーニアとおそろいのものを設置。

 とりあえず裏側はこんな感じでしょうか。



 つづいて、表面です。
 複製前にほとんど出来ていたのであんまり変化が無いのですが一応掲載させていただくと・・・
IMG_0047.jpg
 付け根部分に、多重ダクト(プラパイプとアルミパイプで製作)を付けただけですね。

 

 この段階で、肩バインダーが何とか形になりました。

 たかが一部分にずいぶん時間をかけてしまいました。やはり、このあたりの時間の使い方をもう少しうまくならないといけないと、いけませんね。
 

 
 さて、今回はここまでになります。
 
 どうにも製作ペースが遅くてすいません。御覧の皆様が飽きてしまわない事をいのりつつ・・・次回は蛇腹腕を進めていきたいと思います。

                    ではでは。
 
スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。