12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

アルティメット・ガンダム開発日記 vol.8 

 
 どうもこんばんは。

 2週間以上たつとはいえ、やはり年始、なんだかんだと忙しいうえに、体調を崩し、挙句にあの大雪。

 いまだ残るアイスバーンに、どきどきしながら通勤する毎日は、結構疲れますね~。(ホントと転んだりしたら簡単に骨折とかしそうなお年頃、気をつけないと...。)

 やっぱり東北の人たちってすごいなぁと、改めて感じる今日この頃な雷後です。




 して、アルティちゃんの続きなんですが....

 そんなこんなであんまり進んでいません      が、

 このままだと広告が出てしまいそうな勢いなので、とりあえず進めたところを、少々掲載しようと思います。

 
 前回の予告では、右腕を進めていく予定でしたが、諸事情により変更。とりあえず左腕の方をあらかた形にしてみました。




 そんなわけでこちら、
IMG_0499.jpg
 軽くサフを吹いて、仮組み。う~んキズがすごい。

 前回から、肩をつけると少し長いと感じた二の腕を、1.5ミリほど幅詰めし、間接、腕の側面などにディテを追加してみました。

 
 横から
IMG_0495.jpg
 今作では、わけあって装甲面にパネルラインてきなスジボリをあまり入れない方向で進めています。
 理由については、毎度のことですが塗装に絡んでくることなので、その時また.....。(失敗したらお蔵入りになっちゃいますしね~。)


 つづいて一応上から
IMG_0497.jpg
 ダメージのほとんどが、右側にある設定とはいえ、左側にまったくないなんてことはあるわけないので、ここから見える関節の隙間辺りから、この後少し配管を出していこうかなと考えています。


 んで、裏側
IMG_0500.jpg
 あんまりにもさびしかったので、肘の裏側に放熱板的なディテ&パネルラインを追加してみました。まぁあんまり見えないところなんですけどネ。笑



 というわけで今回はここまで。ホント進んでない....。


 次回こそ右腕を....といいたいところなのですが。

 ヤツが来るんです。

 そう、OZの白いアイツが!

 浮気しちゃうよきっと...。だって待ちに待っていたんですからネ!!



 そんなわけで、次回はたぶん右腕.......ということでひとつ。

                               ではでは。

 
スポンサーサイト

[edit]

アルティメット・ガンダム開発日記 vol.7 

  「新年あけましておめでとうございます。
            今年もよろしく御願い致します。」



 年末年始、皆様はいかがお過ごしでしょう。

 今年は土日の並びがよく、長期休暇を満喫している方も多いなんて話を耳にしましたが、仕事柄そんなモノがあるわけも無く、年末年始ならではの私事仕事の毎日に、製作が滞りまくっている雷後です。

 

 新年一発目でいきなりですが、まずは、ずいぶんと長い間更新が無いにもかかわらず、訪れてくださった皆様、まことにありがとうございます。今後もゆっくりではありますが、製作、更新をしていこうと思いますので、今後ともよろしく御願いいたします。





 さて、そんなこんなで開発日記スタートです。

 前回の予告どおり、今回は腕パーツの製作を進めてみました。

 いきなりですがこちら
IMG_0485.jpg
 
 MGクロスボーンガンダムの腕パーツが丁度良いサイズだったので、それを中心に、プラ板とアルテコで大まかですが形を出してみました。
 右腕がバラバラなのはこの後、配管ディテが入る予定ということで...。


IMG_0487.jpg

 設定画を見て、一番形状が近く見えたMSIのアルティメットガンダムの腕を参考に、製作しました。

 手首のパーツは、一応、兄弟機的なシャイニングガンダムの手首を参考に、わりと形が近く加工がしやすそうな、ビルダーパーツの1/144MSハンド02を選択。その中の平手パーツの指をすべて切り飛ばして角度を変えながら再接着して使用しました。
 このパーツはジオン系用なんですが、シャイニングが元々ガンダムらしくない、丸指をしているので、結構あっているのではないかと思います。
 

IMG_0489.jpg
 一応横からもう一枚
 ほとんど形だけなのでかなり味気ないですね。最初はここに色々入れていこうと考えていたんですが、ちょっと思いつきで他の場所に時間をかけてしまいました。














 お気付きの方もいると思いますが、一枚目の左下に変なものが写っていましたよね...。


 そう、この「右手首」に今回は一番時間を費やしました。
















 では、
IMG_0481.jpg
 上記の左手首と同じく、すべての指を切り離した後、アルミ線で表情を付けながら繋ぎなおして、伸ばしランナーや真鍮パイプでデコレート。
 「アキラ」に登場する鉄雄の手をイメージしつつ、生物感を排除して配管まみれにするとこんな感じかな....?ってな具合に製作を進めていきました。

 一応反対側も
IMG_0484.jpg
 平側に比べてあっさりしていますが、この手の甲の部分に、侵食しつつ腕へとつながる配管をこの後設置していく予定なのでこんな感じで控えめにしています。




 今回は、なれない細かい作業に四苦八苦...パーツを2つほどダメにしました。
 
 たかが手首ひとつに、何をしてるんだろう...。と、失敗したときは考えたりもしましたが、固定モデルにおいて、手首は「細部において動きを魅せる重要パーツ」である。という考え(あくまで個人的ではありますが)を胸に何とか形にしてみました。

 結構面白い感じになったと思うんですが...どうでしょう?



 
 そんなこんなで、今回はここまでになります。

 次回は、引き続き腕パーツ(特に右腕)を形にしていこうと思います。

                           
                              ではでは。 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。