05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

RB-79[G] 陸戦型ボール 

 ダイジェストよりお送りした、過去作品紹介もいよいよ7作目、これが最後となります。

 それでは、

 ラストいきま~す!




    ホビージャパン2012年1月号掲載 「第14回オラザク選手権」出展
             「ガンプラLove部門」 金賞
  1/100 RB-79[G] "陸戦型ボール"
rb01.jpg
 掲載時のコメント 「「ボール」を愛する人ならば一度は考えるであろう機体、ボール陸戦仕様機を製作しました。カッコイイ機体にするべく大まじめに作ったつもりが、なんだかずいぶんとキモチワルイコミカルな御姿の機体になってしまいました。」
 
 えー・・・正直入賞すると思っていなかったので、家にホビージャパンが届いたときは驚きました。(入賞するとHJから掲載号が送られてくる。)しかも金賞て・・・。
 過去、2作が入賞したことだし次は好きに作ろうと考え、前から温めていたネタだった陸戦型ボールを、今作でチョイスしたわけなんですが・・・いや、ねぇ~ボールだし、陸戦型なんてベタなネタだし、キモイし、とてもコンテスト向きの作品とは思えない。ところが、そのキモさを高く評価してくれた審査員の方がちらほらと・・・いや~ほんと何が受けるのかわからないもんですねぇ~。


rb02.jpg
正面・弱そうなボールのイメージを払拭するべく、武器をいっぱい持たせてみました。
 両腕?・ガトリングガン×2
 両腰?・ロケットランチャー×2
 股間?・ファイアスロウアー(火炎放射器)×1
 頭頂部・ミサイルポッド×1(格納中)


rb031.jpg
側面・4脚にするか6脚にするか悩んで、最初にイメージした「クモ」に近い6脚を選択しました。(一応、両腕?のガトリングで8本足をイメージ)


rb04.jpg
背面・ちなみに、脚の上部の黒い棒は燃料電池の格納部で、裏側からシリンダー状のバッテリーを挿入するという設定です。もともと熱核反応路をもたず燃料電池で駆動する機体なわけですが、バックパックの電池で足りるのは、無重力の宇宙空間だからこそであり、地上で運用するにはどう考えても電力不足になります。そこで、6脚の脚それぞれに電池を格納することで、電力不足を解消するとともに、脚を1、2本失っても駆動を可能にしている。ってな感じで妄想を広げ、形にしていきました。(温めていたネタだけにこの辺の妄想がはげしこと・・・。)


rb05.jpg
頭上・上から見ると、より「クモ」っぽくないですか?


ここらで、ちょっとアップを
rb06.jpg
 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この火炎放射器は、ザクⅡフロートの時にデザインしたものとほとんど同じです。意外と評判がよかったので再登場させました。

rb07.jpg
 脚に燃料電池が移動したことで、空きスペースとなったバックパックに、火炎放射器用の燃焼剤と、圧縮空気を格納してみました。
 ちなみに、アップの画像はほとんど友人のarkさんに撮影してもらいました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。(やっぱり、いいカメラだと接写の移りが違う!私も買おうかなぁ~。)



rb08.jpg
rb09.jpg
右斜め前&左斜め上・この角度、どちらもコンテスト用ファイルの表紙にしようか迷った、お気に入りの写真です。


rb11.jpg
 頭頂部には、ミサイルポッドが格納されていて、ここからスタン、チャフ、スモーク等の戦闘支援用グレネード弾を発射する設定です。
 つるっぱげ頭頂部と差し替えできるようになっています。(この辺を差し替えなしで出来るようになりたい。まだまだ技術が足りない・・・。)



rb12.jpg

rb13.jpg
 こんな感じで、6脚すべて独立可動します。


rb10.jpg
 同様に武器もすべて可動します。



ここからは、またアップを少々
rb14.jpg
 この画像だけ見たら、ボールとは思えないぐらい強そうじゃありません?


rb15.jpg
 
rb16.jpg
 脚の裏側や、バックパックの中とかも一応それっぽくしてあります。ほとんど見えないケドネ・・・。
 大きいデカールは、キットのものを一部削って使用しています。


 今回の画像はここまで。ここからは、使用素材や塗装について

使用キット 1/100MGボール・・・本体
使用パーツ コトブキヤMSGシリーズ・・・マイナスモールド系各種
使用材料  タミヤ&エバーグリーンプラ材・・・全身色々
      アルミパイプ各種・・・脚部シリンダー、ガトリングガン、火炎放射器
      ビニールコード・・・脚部コード類
      シリコーンゴム&レジンキャスト
            ・・・脚部(10個ぐらい複製して出来の良いものを使用)
デカール  キット付属のドライデカール・・・EFSF
      各メーカーの水転写タイプデカール・・・全身のマーキング各種
塗料    GSIクレオスMrカラー&ガイアカラー 各種・・・基本塗装
      タミヤ水性カラー「バフ」・・・アルコール落とし
      タミヤエナメルカラー各種・・・スミ入れ、汚し塗装
      油絵具粉末・・・汚し塗装
      クレオス水性ホビーカラー・・・つや消し
その他   アルコールランプ用燃料用アルコール・・・アルコール落としに使用


塗装解説(意外と評判がよかったので・・・興味がない場合はすっ飛ばしてください)

手順  ①パーツにあわせて全身をサフェイサー掛け
    ②パーツに傷入れ(ダメージ表現)をした後、その部分に瓶入りサフェイサー
     を筆で塗りこむ。(サフでダメージを描き込む感じで入れていく。)
    ③全身を真っ黒に塗装(クレオス「ウィノーブラック」使用)
    ④エッジに黒を残しつつ赤錆塗装(ガイアノーツ「オキサイドレッド」使用)
    ⑤エッジに黒&赤錆色を残しつつワンランク暗い色を各パーツに合わせて塗装
    ⑥重ねた色を潰さない様に、目的の色をそれぞれのパーツに塗装
    ⑦デカールを貼り込み後(水転写タイプはしっかり乾燥させよう)、ラッカー系
     クリアーでコート(デカールを溶かさないよう、軽く数回に分けてかける)
    ⑧タミヤエナメル塗料にてスミ入れ
    ⑨タミヤ水性塗料「バフ」、燃料用アルコールにて、アルコール落とし塗装
     (ミリタリーモデルに使われる技法です。気になる方は調べてみてね。)  
    ⑩タミヤエナメル塗料で錆び、油汚れ、ダメージ等を入れる(描きこむ感じで)
    ⑪油絵具の粉末を軽く筆で乗せる(パステルの粉でも可。やり過ぎないよう注意)
    ⑫水性つや消しクリアーで全身をコート
    番外 火炎放射器のノズル・・・ラッカー系クリアーカラーにて焼け色塗装
       キャノピー・・・表からクリアーグリーン、裏からブロンズパールを塗装
               
 
 以上になります。



 んで、

 
 賞金ですが・・・今回はなんと10万!!(いやー気前いいっすHJ!)
 
 今作は、あまりお金がかからなかったので、好きに使おうと決めました。新しいパソコンにしようか・・・工具を一新するのも捨てがたい・・・いやいやここはマッサージチェアいっちゃおうか・・・なーんて、楽しいことを考えていた。背後に悪魔が忍び寄っているとも気づかずに・・・。

母「あんたまた入賞したみたいじゃない、見せなさいよ。」

タイミング悪く良く帰っていた 妹「マジでぇ~!おめでとう」

三度目にもなると本が贈られてきた時点でばれている・・・いやな予感が・・・。

母「へぇ~金賞!すごいじゃない。あんた菓子折りのひとつでも買ってきなさいよ。」
 
あれ、この場合お祝いされるのって俺じゃないの?なんだかたかられている気が・・・。
ま、まぁいいか!圧倒的な我が10万の軍勢を前に、菓子折りのひとつやふたつなんてことはない・・・フハハ・・ハーッハッハッハ!・・・。

妹「あのさぁ、あたしぃ~今の彼と結婚しようと思うんだぁ~。」

妹「だからぁ~ソレ(賞金)ちょうだい。」

は!?

一瞬頭が真っ白に・・・。
なぜか、ムーディ勝山の歌がこだまする。  「右から左へ、ただただ受け流す~」

いや、まて。こいつは何とかしないと・・・。(祝儀だし結局払う羽目になるんだから、どうにもならないわけなんだが、このとき私はテンパっていた。)

私「いや~。もう新しいパソコン注文しちゃったんだよね!(雷後は逃げ出した)」
この時点で、賞金が振り込まれているわけがない。もちろんウソである。

妹「じゃあ~・・・。(しかし回り込まれてしまった。)」
 「わたしのためにがんばって働いてねぇ~ キラッ☆(痛恨の一撃! うぼぁ)」  


退路は立たれた・・いや、ボス戦に退路などはじめから存在しなかったのである。

なんとはかない夢だったことか、圧倒的だった我が10万の軍勢も暴君(妹)が相手では、ガンダムを前にした10機のリックドムよろしく、秒殺を余儀なくされてしまった。
まぁおめでたいことだしね・・うん。    
                        ・・・しくしくしくしくしく。




 そんなわけで、どうでもいい話もありましたが、以上で過去作品紹介も終わりになります。見てくださった方々、ありがとうございました。次回からは、製作日記的なものをお送りしていきます。よければ見てね!
                               
                                  ではでは
スポンサーサイト

[edit]

« モデラーズギャラリーデビュー  |  MSN-04Ⅱ ナイチンゲール »

コメント

すごいですね!!

金賞おめでとうございます!!
雷後さんの作品はすごいですね!!
もう・・・すごいとしか言いようがありません・・・
ナイチンゲールもこのボールも・・・すごすぎます!!
自分は素組みしかしたことがありません(恥)
ですからこのような作品を見るとプラモは奥深いんだな~と心底思います。
最後に、妹さんの為に犠牲になられた10万円…お悔やみ申し上げます(笑)

カナダの住人 #- | URL | 2012/03/25 15:27 * edit *

Re: カナダの住人さん、コメントありがとうございます。

 はじめまして。うれしいお言葉ありがとうございます。気に入っていただけたのなら何よりです。
 素組みしかしたことがないとのことですが、恥ずかしいことなんて何もないと思いますよ。最近のプラモは出来もいいですし「楽しむ」という点から見れば、それが一番だと思います。私の場合、ボールはまだしも、ナイチンのときは「楽しむ<苦しむ」って感じでしたから。(笑)
 賞金は・・・まぁおめでたいことですしね・・・しくしく。世の男に伝えたい、「妹萌え」なんて・・・「あえて言おう、ウソであると。」(ギレン・ザビっぽく)

雷後 #- | URL | 2012/03/25 22:15 * edit *

柏イエローサブマリンにて作品を拝見させて頂きしました。
とてもすばらしい作品で感動しましたw
こちらに乗せている画像やブログをツイッターで紹介しても
よろしいでしょうか?

名無し #- | URL | 2012/04/08 00:39 * edit *

Re: 名無しさん コメントありがとうございます。

 直接、御覧になっていただいたようで、御足労ありがとうございます。
 ツイッターにて紹介して頂けるとのことですが、問題ありません。むしろ、ありがとうございます。それほど気に入っていただけたのなら何よりですし、とてもうれしく思います。

雷後 #- | URL | 2012/04/08 21:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cyuuboumuhai.blog.fc2.com/tb.php/11-d821d0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。