03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

目指せ展示会!ΔガンダムTf-製作開始!! 

 どうもこんばんは。
 前回の更新より、はや二ヶ月...
 年をとると、時間が過ぎるのが早く感じるなんてよく聞く話ですが、ただ今、それを猛烈に実感中....だけでなく、細かいパーツを掴みそこねたり、サフを吹かないと傷が見えづらかったり、疲れると汗と一緒に変な汁が出ている感じがしたり(アブラかなぁ~ジジイのアブラかなぁ~)、モーレツな速度で「老化の階段」を駆け上がっている.....いや、おそろしい。
 偉大なる先人の方々は、これを乗り越え更なる高みに到達している......。いや、ワタシもがんばらないと。

 愚痴はこの辺にしておいて、10月に行う展示会に向けて、新作の製作を始めました。
 前回、少々紹介させていただきましたが、MGデルタプラスになります。

 一応、機体名は「デルタガンダムTf-」(仮)です。
 
 可変が売りなキットなわけですが、塗膜がハゲるのが嫌なので、可変機構をオミット(なのでTf-「Transform minus」な訳ですね。う~ん浅い。)することにしたので、それに合わせて設定をでっち上げる事にしました。

 百式の後継機として、新たに可変機構による高速移動を得たデルタプラスにデルタガンダム、ここからあえて可変機構を無くし、代わりに簡易ながらサイコフレームを搭載することで、戦闘能力を向上させた機体。

 てな感じの設定をこじ付けます。(う~んやはり浅い、浅すぎる。)


 と、まぁ 前置きが長くなりましたが、ではいってみましょう。

 まずはキットをパチ組
d001
 よく売れている人気のキットだけに、このままでも十分にカッコイイですね。
 ただ、個人的に、胴が短く足が少し長い気がします。
 ですので、この辺をいじりつつ、ディティールを追加していくことにしました。

 とりあえす、今回は上半身を進めたところまで、ご紹介。
d002
 件の老化のせいか、傷がよく見えなくなってきたので、いわゆる捨てサフをとりあえず吹いてみました。
 
 で、このサフ吹きなんですが、塗装前の配色の参考になるかもなんて考え、試しにパーツごとに塗り分けてみました。
 思ったよりいい感じ!なかなかカッコイイし、わかりやすいと思いますが如何でしょうか?

 ちなみに使用したサフは、
 外装 淡灰 : クレオス サフ1000
 外装 濃灰 : ガイア メカサフ ヘヴィ
 外装 黒灰 : ガイア メカサフ ヘヴィ + ガイア エヴォブラックサフ
 フレーム 灰 : ガイア メカサフ ライト

 サフ吹き前
d003
 



 ここからは、簡単に各部工作説明。

 まずは胴体&頭
d004
 (※なぜか、横向きにしか画像がアップできませんでした。ちょっと見にくいですが、ご容赦ください。)
 まずは、腹筋中央あたりでフレームを切断し、2mmほどプラ板にて延長。
 合わせて、フレームカバーをジャンクパーツにて作成し取り付けました。(薄青いパーツ)
 腹筋外装は、パーツのラインに合わせて分割した後、それっぽい感じに再接着してみました。

 頭部は、さすがにこのままだと、まんまデルタプラスになってしまうので、デルタガンダムに寄せるべく、割と似ていたMGゼータガンダム2.0のフェイスを加工して、移植しました。

 あとは、スジボリ&段落ちモールドを中心に、各部ディディーるアップしてあります。


 続きまして、腕部
d007
 こちらは、基本形状をほとんど変えていません。
 胴体と同じく、スジボリ&段落ちを中心にディティールアップを進めてみました。
 ところどころにある、スリット(太いスジボリ)部分に、塗装後、グリーンかパープルのメタリックテープを貼り込んで、サイコフレームっぽくする予定です。
 また、戦闘能力の向上=駆動速度アップ=放熱量増加 となると考え、肩の付け根と上腕甲部にしいたけ(ヒートシンク)を配置してみました。
 肩の付け根部しいたけは、革命機ヴァルヴレイヴの踵を切り落として流用。上腕甲部はプラ板による自作になります。

 上腕部のしいたけがここまでの加工で、一番面倒だったので、ちょっとだけ大きめの画像にてご紹介。
d08
 よく見ると、ちょっと歪んでますが、この辺があちきの限界...。


 さて、せっかくなので、現在の状態をいくつか。
d009
 前面ちょっと煽り気味に

d010
 同じく背面

d011
 少し上からアップにて

 と、製作に関してはここまでになります。





 んで、ここからは、これまた随分久しぶりですが、お気に入りのアイテムを2点ほど紹介。

 まずはこちら
d012
 真・鋼の錬金術士(リアル・フルメタルアルケミスト)こと「拳王さん」にお願いして、切り出してもらったステンレス板に、サンドペーパーを貼り付けた、自作のヤスリになります。
 平面がしっかりと出ているので、面出しをはじめとする加工に大活躍!(デルタに結構歪んたところがありますが、これは私の腕のなさのせい...使用したおかげで、これでもだいぶましになったんです。しくしく)
 また、とにかく硬いので、変に深い傷が入りにくく、面倒くさそうな、貼替えも、貼ってはがせるタイプの両面テープで、とても楽チン。 最近手放せないアイテムになってます。
 いや~拳王さんにはお世話になりっぱなしです。本当にありがとうございます。この場を借りて改めて御礼申し上げます。


 続きましてはこちら
d013
 HiQさんより発売の、「DPボトル改」 です。 (確か4個入りで700円ぐらい)
 このとんがり帽子のような蓋が結構便利で、開け閉めが容易かつ、塗料が結構注ぎやすい。

 そして、なによりガイアノーツの溶剤ボトルにぴったりハマるところが、素晴らしい!


 つまるところ、こういう感じです。
d014
 買ってきた、ガイアの溶剤各種ボトルの蓋をコイツに付け替えるだけで、開け閉め簡単注ぎ楽チン容器にクラスチェンジ。画像ですと、左の二つがそれになります。(オススメは中と大。特大は流石に注ぎづらいので費用対効果を考えるのなら、詰め替えて使用すると良いと思います。詰替もこのキャップを使用すれば楽チンチン!)

 んで、中身を使い切った溶剤ボトルには、汎用的で量が必要な塗料を詰め替えるとこれまた便利。
 画像だと、真ん中二つになります。(つや消クリアー&ガイアメカサフ「ヘヴィ」)
 DPボトル付属の、ビー玉を入れておくことで、攪拌も楽チンです。

 もちろん、あまった三角フラスコ型ボトルと、溶剤ボトルキャップもバッチリ噛み合うので、ちょっとした塗料を入れておくのに使用できます。ムダも出ませんね。(画像右二つ)

 そんなに高いものでもないですし、ガイアの溶剤をご利用の方、興味があったら一度お試しあれ。



 そんなこんなで、今回はここまで、次回は、腰周りあたりを何とかして、九月頭ぐらいには更新したい....なぁ。

 不定期で、なんとも拙いブログですが、よろしければまたお立ち寄りください。 

                           ではでは。

 
 


 


 
 




 
スポンサーサイト

[edit]

« 早くも暗雲立ち込めまくり!? デルタガンダムTf-製作その2  |  近況報告 »

コメント

こんにちは~♪

デルタガンダム進めてますね~
各所のモールドなどが的確に施されていて丁寧な作業をされているな~
と記事を見て思いました♪

僕も最近、ペズンの製作(対艦刀)が行き詰まり、ブログまで疎かにしてしまうのというこの体たらく・・・(汗)
話は変わりますが、雷後さんはナイチンゲール買いますか?

以前、五指に入る機体の中で一番好きで1/144でもいいから発売してほしいと言ってましたので、買ったらまた作ったりするのかな~と思いましてw

ゴエモン #- | URL | 2014/08/21 10:34 * edit *

Re: ゴエモンさん コメントありがとうございます。

 どうこんばんは。
 ご覧頂きありがとうございます。

> 僕も最近、ペズンの製作(対艦刀)が行き詰まり、ブログまで疎かにしてしまうのというこの体たらく・・・(汗)
 いや~私もなんですよ。ホント進まず、停滞しまくり....挙句に浮気ですよ!しくしく....。
 対艦刀といえば、おそらく、いかに軽くできるかが勝負になると思います。(私はそれで失敗している...あべし!)さらに、胴体しかり、気合の入った作り込みをされていますし、トレードマーク的なアイテムだけに、同様もしくはそれ以上に、作り込まないといけない...。いや、考えるだけで、オソロシイ。
 最近暑いですし、お体に気をつけて製作頑張ってください。今後も楽しみにしております。

> 話は変わりますが、雷後さんはナイチンゲール買いますか?
> 以前、五指に入る機体の中で一番好きで1/144でもいいから発売してほしいと言ってましたので、買ったらまた作ったりするのかな~と思いましてw
 もちろん購入予定です。しかも2機!(浮気は続くよどこまでも...ひでぶ!)
 製作時期はいつになるかわかりませんが、手を付けしだい、ブログにも掲載しようと思っております。よかったらまた、お立ち寄りください。
 

雷後 #- | URL | 2014/08/21 21:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cyuuboumuhai.blog.fc2.com/tb.php/63-4ac880df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。