03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

ザクⅡ F2型 フロートカスタム 

 まだまだつづく作品紹介。楽しんでいただければ幸いです。

 今日は、こちら


   ホビージャパン 2008年1月号掲載 「第10回オラザク選手権」出展
         「ガンプラLOVE部門」 一時予選通過

        ザクⅡ F2型 "フロートカスタム"
zf01.jpg
 久々に見たOVA「0083 スターダストメモリー」に触発され、作中に出できそうな機体をイメージ。
 ジオン残党軍が、かき集めてきた武器をとにかく積んでみた・・的な感じで、たくさん武器を持たせてみました。
右腕・ファイアスロウアー(火炎放射器)
左腕・ガトリングシールド(パンツァーファウスト付属)
両腰・ロケットランチャー
背中・パンツァーファウスト

zf02.jpg
正面 
 両腕の武器が地面をこすりそう・・とか、腰のランチャー腕にあたらねぇ?・・・とか、背中とシールドのパンツァーファウストどうやって使うのコレ・・・・とか、 今見ると、中二病全開だったなぁとしみじみ思います。(カッコよければいいんじゃね的な)どうか生暖かい目で見守りつつ、お付き合いくださいませ。


zf03.jpg
側面
 後ろまで長く伸びた大型ホバーユニットが、砂漠での高速移動を可能にする。てな、設定です。


zf04.jpg
背面
 とてもザクには見えない・・・ショルダースパイクでかろうじてわかるかなぁ~。


zf05.jpg
zf09.jpg
 ちょっと飛んでいる感じ。後ろから見るとなんだか立ってるみたい・・・。


zf06.jpg
zf07.jpg
 下からのあおりを二枚ほど・・ホバーユニットも可動します。


 ここからは、アップを少々。zf10.jpg
 ガトリングシールドのシールド部分。F2ザクのシールドにはまる枠をプラ材にて製作し、MGグフカスタムのガトリングシールド基部に取り付けています。


zf11.jpg
 お尻アップ。このタンクから、燃焼剤と圧縮空気を火炎放射器に送り込む設定です。ちなみに、タンクは塩ビパイプや、アルミパイプを組み合わせて製作。ホースは、いらなくなった家電のコード(確かゲームのコントローラー)を使用しました。


zf12.jpg
 ホバーユニット前部、下から見るとこんな感じです。


zf13.jpg
 ラストは腰アーマー部分。ミサイルポッドが内蔵されています。これも発射すると自機に当たりそう・・・。


追記
 この作品では、新しい試みとして、火炎放射器の着火トーチの燃料タンク(ピンク色の部分)と、後部ホバーユニットの燃料タンク(青紫の部分)に、透明プラパイプにインクで染めたアルコールをつめて、本物の液体を表現するという力技に挑戦してみました。最初三ヶ月ぐらいはかなりよかったんですが・・・半年もすると中身の量が減ってきて、一年後には空に・・・うぬぅ~、もっと蒸発しにくい液体(油とか)にすればよかったなぁ~と、いまさらですが感じます。個人的に面白い表現方法だと思っているので、次回試す機会があったらいろいろな素材で、試してみたいと思います。


 今回はここまで・・・次回は・・・・
プロヴィデンスガンダムβ
を、お送りいたします。
                        ではでは。
スポンサーサイト

[edit]

« ZGMF-X13Aβ 「プロヴィデンスガンダムβ」  |  ラクス・クライン フィギュア »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cyuuboumuhai.blog.fc2.com/tb.php/8-94398ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。