07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

ZGMF-X13Aβ 「プロヴィデンスガンダムβ」 

 ダイジェストから始まった作品紹介も、残すところあと3作品となりました。ここまで御覧いただいた方々、まことにありがとうございます。あと少しお付合いくださいませ。

 では・・・・


   ホビージャパン2009年1月号掲載 「第11回オラザク選手権」出展
              「ガンプラ部門」 銀賞
1/144 ZGMF-X13 "プロヴィデンスガンダムβ"
pb00.jpg
 掲載時のコメント 「キットの説明書内の公式設定にて、プロヴィデンスガンダムのプロトタイプが存在していたと知り、それをイメージして製作しました。」 
 
 参加し続けて数年、初入賞した思い入れのある作品です。審査員の方々にもたくさんのコメントをいただき、とてもうれしかったことを覚えています。


pb01.jpg
 正面から全体を・・・試作機ということで、ドラグーン以外の武装が無い設定です。


pb02.jpg
 側面・腰にもドラグーンを装備。


pb03.jpg
 背面・ドラグーンシステムをメインとした試作機なので、実機よりもドラグーンを一回り大きくしました。(この後、もう少し小型化したという設定です。)


pb04.jpg
pb05.jpg
 ほとんどのパーツが、プラ材によるスクラッチです。頭から始まり、胸、腰、腕、足、ドラグーンの順に作っていきました。
 ドラグーンの半透明パーツは、シン・マツナガ専用ドムにて紹介した、透明プラ板すりガラス化加工と同じものです。



pb06.jpg
正面アップ・腰や腕を主に全身に、金属パーツやビニール線を使用。これらがそのまま見えるようなデザインをすることで、試作機っぽさを出してみたつもりです。



pb07.jpg
側面アップ・ほとんどドラグーンに隠れて見えませんが、一応機体背面も作りこんであります。ここから少しだけ見えている・・・かな。



pb08.jpg
背面アップ・背面というよりほとんどドラグーンのアップ。機体構成のメインとなる部分(ある意味この武装のための試作機)だけに、特にデザインに苦労しました。
 ちなみに、「天帝」の文字デカールは友人の瑠竜さんにデザインしていただきました。ホントかっこイイ!(審査員の方にもほめていただきました。)やっぱ持つべきものは友人ですね~ありがとう瑠竜さん。この場をかりてお礼申し上げます。



pb09.jpg
pb10.jpg
 斜めから機体に焦点合わせた構図で上下から。天帝の二つ名にふさわしい威厳ある構図を考えこのポーズに決定。そのため、可動モデルではなく固定モデルとなりました。その分いろいろとディティールを足せたので、結果よかったかなぁ~と、今でも思います。

pb12.jpg
 ちょっと見えずらいですが、こんな感じで、スカートに隠れてほとんど見ることの無い股間なんかも、ディティールを入れています。(意味無いじゃん!とか、悲しいコトいわないでね・・・。)



pb11.jpg
 腕の付け根とか、腰回りとか、可動しないからこそ無理なディテールが入れられます。しかし、だからこそ今にも動き出しそうなリアリティを求めなければなりません。その辺のバランスがまだまだ足りないなぁと、いまさらながら感じてます。
 それにしても、アップ画像だといまいち焦点が定まらずピンボケぎみに・・・やっぱ新しいカメラ買おうかなぁ~。(いまだ、このカメラ使ってます。)


ここからはドラグーン射出状態
pb13.jpg
 ご覧のとおり、すべてのドラグーンが取り外し可能になっています。そして、台座から1mmのピアノ線をのばしドラグーンを装着、射出シーンを再現しました。



pb14.jpg
 あおりから一枚。ドラグーンに大きさ二種類ありますが、大型が、中・近距離用ブレードタイプ。小型が、遠・中距離用ビームタイプという設定です。
 ちなみに、個人的にこの構図がすごくお気に入りで、コンテストの表紙もこの一枚を使用しました。なんだか強そうに見えません?



pb15.jpg
 今回のラスト一枚。うしろからのあおりでしめとさせて頂きます。


 
んで、最後に使用したキットやパーツ、塗装について・・・・

使用キット 1/144プロヴィデンスガンダム・・・頭部
      1/100MGクロスボーンガンダム・・・腰
      1/100MGZプラス・・・足首
使用パーツ アドラーズネストパーツ・・・シリンダーなど主に金属パーツ
      ハイディティールマニュピレーター・・・手首
      コトブキヤMSGシリーズ・・・バーニア各種 
使用材料  タミヤ&エバーグリーンプラ材・・・全身ほぼすべて
      透明塩ビ板・・・ドラグーン
      ビニールコード各種・・・パイピング各種
      シリコーンゴム&レジンキャスト
           ・・・足、ドラグーンは、複製して数をそろえた
デカール  各メーカーの水転写タイプデカール・・・全身のマーキング各種
      インクジェットプリンター用自作デカール製作キット
           ・・・「天帝」やドラグーンシステムのマーキング
塗料    GSIクレオスMrカラー各種・・・基本塗装
      タミヤエナメルカラー各種・・・スミ入れ
塗装    カラーリングはG3ガンダムなどの試作機をイメージして灰色を基準に
      配色、所々に黄色や白をアクセントに入れ、つや消しにて仕上げ


ちなみに・・・賞金の50000円ですが、せっかくなので新しい工具(エアブラシ)や、次回作の材料購入に当てました。(次のヤツには本当にお金がかかった)


今回はこれで終了になります。
さて次回は・・・
 MSN-04Ⅱ"ナイチンゲール"
を、お送りいたします。
                       ではでは。
スポンサーサイト

[edit]

« MSN-04Ⅱ ナイチンゲール  |  ザクⅡ F2型 フロートカスタム »

コメント

かっこいい・・!

か・かっこいいです!
滅茶苦茶カッコいいです!!!!

僕もこんなのつくってみたいなぁ

takayoshi #- | URL | 2013/03/28 20:50 * edit *

Re: takayoshiさん コメントありがとうございます。

 どうもありがとうございます!

 私自身、初入賞をはたした思い入れのある作品だけに、お褒め頂きとてもうれしく思います。

 最近はこういった、カクカクしている作品からずいぶんはなれたものばかり製作していますが、そのうちまたやってみたいと考えています。(00かseedあたりから)
 正直いつになるかわかりませんが、よろしければお立ち寄りいただければ幸いです。

雷後 #- | URL | 2013/03/29 02:40 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cyuuboumuhai.blog.fc2.com/tb.php/9-cd8d1756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。